基本的にはホテルの宿泊料金相場が高い大阪市

大阪府の大阪市は東京と並ぶ国内のビジネス拠点となっており、たくさんの企業の本社が存在します。そんな国内有数の大都市・大阪市は東京同様に宿泊施設の1泊料金相場が高めで、安くどこかに滞在したいとなるとネットカフェしかないと思っている人が多い傾向です。

 

西成区には安い宿が多数ある

大阪市の一般的なグレードのホテルの1泊料金は基本的に高めながら、あるエリア内には安い宿が密集しています。それは、古くから日雇い労働者の街として知られてきた西成区で、この区内には簡易ホテルが多数営業しており、1泊2000円程度で泊まる事が可能です。中には1000円から1500円程度で泊まれるところもありますので、ネットカフェに宿泊するという事に抵抗がある場合は、こういったところに泊まるのはどうですか?

 

西成区内の簡易ホテルの環境

西成区内に多数存在する簡易ホテルに泊まる場合、狭いもののネットカフェとは違った完全な個室に宿泊する事が出来ます。個室には基本的にテレビがついていますし、あとはスマートフォンやタブレットなどを持ち込めば暇をもて余してしまうような事はありません。なお、室内には風呂はついていませんが、館内に大浴場がありますのでシャワーしかないネットカフェに泊まるよりもずっと快適な環境です。

 

食費にお金をかけたい場合も簡易ホテルはおすすめ

旅行をする中で宿泊コストをかけてしまうと、現地での食事にあまりお金をかけられない傾向です。しかし、1泊5000円のビジネスホテルに宿泊するのではなく1泊2000円の簡易ホテルに宿泊すれば、簡単に一日あたり3000円をカットできます。もし、大阪旅行に行って現地のグルメを我慢することなく思う存分堪能したい場合は、ネットカフェよりはるかに環境が良い簡易ホテルに泊まるのがおすすめです。